JSTスタッフ・アラスカ乗船体験談(1~3日目)

home > アラスカクルーズ > JSTスタッフ・アラスカ乗船体験談(1~3日目)
1日目:アラスカクルーズ出港!!
1

季節限定(5-9月)のアラスカ氷河クルーズに行ってきました! 飛行機は名古屋から成田経由で直行便でシアトル着のルートが一番便利です。 シアトル空港に到着後、タクシーで約30分ほどで港に到着です。 このアラスカクルーズはシアトル発着の7泊8日間の日程でインサイドパッセージュと 言われるアラスカ南部のジュノー、グレーシャーベイ国立公園、シトカ、ケチカンを豪華客船で周ります! 最大の見どころは氷河の崩れ落ちる瞬間が見られる「グレーシャーベイ国立公園」です。 いよいよ乗船手続き(セキュリティー検査)をして出航です! ちなみにセキュリティー検査は飛行機並に厳しくてそのお陰で船内では安全かつ快適に過ごす事が出来ます。

2
(チェックインカウンター)
3
(いざ出航!)
4
(内側キャビンのお部屋)

 

2日目:終日クルージング!
終日航海でどんどん船は進んでいきます! デッキに出てどこまでも続く海の風景をみて大感動! オープンデッキにある温水プールやジャグジーも自由に利用することが出来ます。(水着は必需品です) そして船内では一攫千金の夢を見てカジノをしたり、船内限定のクルーズグッズ をゲット(ストライプ)したらプールサイドでゆっくり読書をしたり、フィットネスセンターで運動をしたり、卓球をしたりして過ごしました。 1日があっという間に過ぎていきました。

1
(開閉式プール)
2
(プールサイドバー)
3

(カジノ)
4
(ビュッフェレストラン)
3日目:寄港地(ケチカン)
朝、目覚めると船はアラスカ最南端の街であるケチカンに入港していました。 この街はネイティブの残したトーテムポールが数多く残されており 一昔前までサーモン工場の街として賑わっていました。 今では夏の期間だけクルーズで寄港する観光客で盛り上がっています。 下船後は自由行動で街をゆったりと散策したりお買い物をして過ごしました。 午後からオプショナルツアーに参加して野生のクマをみたり本場のトーテムポールをみたりと充実した時間を過ごしました。 夕方出航なのでそれまでみなさんたくさんお買い物をして船に戻ってきている姿が印象的でした。
1
(ケチカン港 デッキにて)
2
(クリーク通り)
3
(トーテムポール)
4
(ワイルドライフツアー)